• 放射光物性研究室

    BLー1グループ

    ARPES-Angle-Resolved Photoemisison Spectroscopy

    メンバー

    島田 賢也 教授

    Eike Fabian Schwier 助教

    鄭 明天 (D2)

    中西 美恵 (M1)

    生天目 妃日理 (B4)

    山本 航 (B4)

    私たちの研究グループでは、HiSORのリニアアンジュレーターからの真空紫外・軟X線の放射光を利用した高分解能角度分解光電子分光(ARPES)により、物質のバンド構造などの電子構造を明らかにする実験を行っています。角度分解光電子分光とは光電効果により飛び出してきた電子のエネルギーと運動量を同時に測定することでバンド構造を直接的に観測することができる手法で、物質の電子状態を定量的に調べるための有力な方法のひとつです。国内・海外から多数のユーザーが利用に訪れ、超伝導体や磁性体など様々なサンプルについての実験が行われています。また、光源にレーザー光を使った世界トップクラスのエネルギー分解能を持つARPESの装置も立ち上がり実験できるようになっています。